東北大会

 

東北大会(平成30年度)

東北大会(平成30年度)
 
第67回東北地区高等学校PTA連合会郡山大会
 平成30年7月6日(金)福島県郡山市のビックパレットふくしまで「こころ豊かなたくましい人づくり~変化に対応し、未来を拓く力を~」のテーマのもと、約1,500名が参加して東北地区高P連郡山大会が開催されました。宮城県からは253名が参加しました。また、開会行事の最後には、表彰式が行われ本県からは9名の方が表彰されました。
 開会行事終了後の研究協議では、各県から発表があり、宮城県からは志津川高校の佐藤信一会長が「おらほの学校を守ろう ―震災から7年を経て、本校が取り組むPTA活動― 」というテーマで発表しました。震災から7年を経て、生徒数減少の課題を抱え「町内唯一の高校がなくなる」という危機感を持って、地域と連携しながらのPTA活動を実施していることが紹介されました。
 発表後には、PTA総会の80%を超える出席率の理由などについて質問がありました。
午後からは、女子柔道の草分け、世界女子柔道選手権やオリンピックで活躍した山口香氏(現筑波大教授)よる「スポーツの力~子どもたちの未来に向って~」と題した講演がありました。自己の経験と現在の幅広い職務から裏付けされたお話は、説得力ある武道家らしい力強いものでした。
 高校生の発表も情報交換会でのフラダンス、大会当日の和太鼓、チアリーディング、合唱など「楽都郡山」にふさわしいレベルの高い内容でした。特に大会フィナーレを飾った郡山市内の高校生350名による合唱と吹奏楽の演奏は圧巻でした。大会運営に携わった福島県高P連の皆さまと高校生に感謝します。
 
   
第66回東北地区高等学校PTA連合会盛岡大会  宮城県249名参加
 平成29年7月6日(木)~7日(金)に「描け ドリームマップ」世界の架け橋を郷土からというテーマもと岩手県盛岡市で第66回東北地区高等学校PTA連合会盛岡大会が1500名以上参加して開催されました。宮城県からは249名が参加しました。
研究協議では、登米高校の菅野忠美会長が「親子の対話を育む魅力あるPTA活動」~家庭と学校をつなぐ架け橋として~と題して発表しました。
 
第69回東北地区高等学校PTA連合会盛岡大会に参加して思うこと
宮城県登米高等学校PTA会長 菅野 忠美
初めて高校のPTA活動に参加し,2年目にして会長の大役を仰せつかりました。私自身PTA活動の全体について理解できているかと言えば,そうではありませんでした。
盛岡大会では,研究協議の宮城県代表校として発表することとなり,自分なりに本校のPTA活動について理解を深めるよい機会を与えて頂いたと思っています。
今回,各県の発表を聞いていると,同じような課題や悩みを抱えながら活動をしていることが分かりました。そのような中で,学校や地域社会との連携を上手に工夫しながら,独自の取組を生き生きと楽しみながら行っていることが,私にとって大いに刺激を与えてくれました。
研究協議の最後に,岩手県立生涯学習推進センターの新妻二男先生から頂いた助言も大変有意義なものでした。「自分たちにとって楽しく意味ある活動をすること。子どもたちのためというよりは,自分たちのためにと思い活動することが大事です」,さらに「PTAは学校を支援する活動より,地域とのつなぎ役という活動が大事です」という言葉が強く印象に残りました。たしかに,自分たちが詰まらないと思っている活動に,周りの人が興味を持つはずがありませんし,誰もついてくるとは思われません。
「登米高校のPTAは何か面白いことをやっているな」と,地域の方々も含めて会員の皆さんに関心を持ってもらえる,そして協力して参加して頂けるような魅力的なPTA活動を目指していきたいと思いました。
 
qrcode.png
http://www.miyagikopren.org/
モバイルサイトにアクセス!
006314
<<宮城県高等学校PTA連合会>> 〒983-0836 宮城県仙台市宮城野区幸町4-5-1 宮城県青年会館内 TEL:022-299-4621 FAX:022-299-4621